男性

初めての写真はお宮参りで撮ろう│写真で残すならやっぱりプロに

余裕を持たせる

写真

子供と撮影する機会の多い記念写真は、子供が自然体でいられる東京の写真館を選ぶことが大切です。撮影する枚数が多い写真館なら、たくさんの選択肢の中から写真を選ぶことができます。

詳しくはこちら

負担を避ける

撮影

赤ちゃんが生まれたことを神様に報告し健康に成長するように願う行事がお宮参りです。赤ちゃんが生まれてから約1ヶ月後に行なうのが一般的ですが、地方によってお祝いの仕方や作法に違いがあります。このお宮参りは、赤ちゃんの体調や参加する家族の都合によって日程が決められていますが、本来ならば男の子は生後31日目、女の子は生後32日目に行なうのが正しいとされています。特にこの日に行なわなければいけないといった決まりはないので、気候に合わせて決める人が多いようです。お参りする神社は、その赤ちゃんが生まれた場所に近いところや住んでいるところの守り神が祀られた神社で行ないます。その地域によってどこでお参りするのかが変わるので、両家で話し合って決めるのが1番よいでしょう。
お宮参りでは、家族や親族で写真を撮るのが一般的で多くの人が記念写真を撮影しています。生まれて初めて外に出る赤ちゃんも少なくないので、基本的にはお宮参りと撮影は別の日にわけたほうがよいでしょう。外出の疲れが出ると赤ちゃんの機嫌も悪くなり、いい表情の写真が撮れない可能性もあります。気候や体調に合わせて日程を決めるのがベストです。
お宮参りの写真はフォトスタジオで撮影する人が多くなってきています。最近のフォトスタジオでは、子供の衣装を無料で貸し出しており好きな衣装をたくさん着ることができると人気です。また、赤ちゃんに着せる産着の種類も豊富でお宮参り用とは別の柄の産着を赤ちゃんに着せて撮影することもできます。生後1ヶ月の赤ちゃんにセレモニードレスという白を基調にした長いドレスを着せて撮影する人も多いです。

運営体制によって異なる

撮影場所

撮影用の衣装や小物をたくさん選ぶことができるのが、大阪の会社グループが運営しているフォトスタジオの特徴です。撮影した写真データを使って様々なフォトアイテムを作ることもできます。

詳しくはこちら

ひと味違ったものを

カメラとPC

東京の出張撮影では、スタイリッシュで美しい写真をプロのカメラマンに撮影してもらうことができます。子供の七五三など、いつもと違った写真を残すなら、プロに任せてしまいましょう。

詳しくはこちら